フルーツメール


 iTunes Store(Japan)


2008年12月10日

螺鈿迷宮 (角川文庫) 海堂 尊 (著)




内容紹介
「この病院、あまりにも人が死にすぎる」――終末医療の最先端施設として注目を集めていた桜宮病院。黒い噂のあるその病院に、東城大学の医学生・天馬が潜入した。だがそこでは毎夜のように不審死が勃発していた…。

内容(「BOOK」データベースより)
医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。東城大学の劣等医学生・天馬大吉はある日、幼なじみの記者・別宮葉子から奇妙な依頼を受けた。「碧翠院桜宮病院に潜入してほしい」。この病院は、終末医療の先端施設として注目を集めていた。だが、経営者一族には黒い噂が絶えなかったのだ。やがて、看護ボランティアとして潜入した天馬の前で、患者が次々と不自然な死を遂げた!彼らは本当に病死か、それとも…。

posted by トラッシュ at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2005年11月11日

ずばり。この本を株の参考書にします♪

昨日の株投資挑戦記事の続きです。

なんせ、まったくの初心者なもんで多少は専門用語も知っとかないとって
ことで、マニュアル本選び。。。
ホント、色んな本が出てますよね。株コーナーもちゃんと設けられてるし。

で、その中でチョイスしたのが
一番売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門
分かりやすいんだよね。第一印象が。雑誌作りの感覚があるのか、
サラッと読める感じ。ま、ホントに理解するには何回も読み直さないと。だけどね^^;

で、その中で紹介されていたのがスターバックス。
へぇ〜。3万円で買えるんだぁ。
ネットで調べると、すでに4万円オーバー。
しかも、本の中で紹介されている株価上昇のパターンをチャートが描いてる!
おぉ〜!!
でも、まだ口座が開けてない・・・

数日後・・・
パスワード・IDが記された配達記録が到着。
ん・・・ご、5万円・・・
しかも、素人目にもかなり危険そうな急上昇・・・
でも・・・買っちゃいましたぁ〜!!

もっと早く始めてれば・・・って気もしないでもないですが・・・
この本片手に、僕もブームに乗れるかな??



posted by トラッシュ at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | BOOK

2005年10月31日

池袋で魔女になろう!?

池袋のコミュニティカレッジ(池袋西武の8・9階)に
『魔女入門』という講座があるらしい<ExciteBitコネタより>

講座の期間は半年。
「魔女とは何か」という基本的なことからはじめて、
自然素材を使った占い、魔法文字や護符のつくり方などのカリキュラムが
用意されているらしい。

「月に向かって吠える」授業もあるそうで・・・これはちょっとヤダな^^;
講師の先生によると
「魔女というのは基本的に徒党を組まない、1人1人が独立した孤高の存在。従って上下関係もないんです。そして同じ場を共有し、出会えた姉妹たちとの関係をとても大切にしている」

とのこと。物語で結構、グルになってる魔女もいる(マクベスとか?)けど、
確かに魔女の宅急便は、一人で修行に出てたなぁ(笑

ちょっと興味あるかも・・・なんて方は
こちらで魔女の世界に、ちょっとだけ触れてみるのもいいかもね^^



posted by トラッシュ at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | BOOK

2005年10月20日

ブックレビュー『野ブタ。をプロデュース』

今度の土曜(10/22)から日テレで始まるドラマ
「野ブタ。をプロデュース」の原作です。
だいぶ前に読んでたんだけど、今更ながらにピックアップ(汗

ストーリーとしては、いじめられっ子の転校生を
クラスの人気者である主人公が「プロデュース」して、
人気者に仕立て上げていく。ってもの。

前半は、相当にハイテンションで突っ走ってます。
軽いっちゃ〜軽いけど、確かに学生のころって、こんな部分もあったかなぁ
なんて思うことも。。。
電車の中で読んでても、ちょっとクスッとしてしまうのが恥ずかしかった^^;

一方、後半。
う〜ん。。。どうなんだろ・・・上手くまとめたかったのか、何かしら
教訓めいたものを書きたかったのか・・・テンションは急速に落ち着きます。
落ち着き先は、十分に予想の範囲だし。
出来ることなら、一気にハイテンションを貫いてもよかったのかなか〜と。

ドラマの方は、原作とは違って、主役を2人(ジャニーズの亀梨くんと山下くん)に
いじめられっ子を女の子(堀北真希さん)に変更しているようです。
さてさて、こちらの方はどうなるかな?





posted by トラッシュ at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2005年07月08日

『死神の精度』読みました。

雑誌に収録された、表題作「死神の精度」など6つのストーリーを
1冊にまとめたのがこの本です。
主人公は死神。彼らは人間界に現れるときは町や市の名前を苗字として
しようするらしい。ちなみに彼は「千葉」。

色々書くとネタバレになるので、書かないけど、彼らは対象となる人物と
1週間を過ごして、その人間が8日目に死ぬことが「可」なのか「見送り」なのかを
判断するのが仕事。

ちなみに千葉さん、クールそうなんだけど、ちょっと人間との受け答えが
ずれている・・・。人間側はそれを「可笑しい」とか「面白い」または「変なヤツ」
と理解するようだ。
でも、ひょっとしたら死神は(少なくとも千葉は)何とはなしに、人間が
「分かったつもり・分かったふり・分かっているけど認めたくない」でいることを
突いてきてるのかもしれない・・・そんな風に感じます。
(普通にずれてることの方が断然多そうだけど)

ストーリー的には5つの物語が最後の1篇に集約されていくって感じかな。
個人的には最後、「死神対老女」が好きです。
ほんの少し・・・涙腺を刺激されました。




>>著者、伊坂幸太郎氏は「死神の精度」で日本推理作家協会賞短編部門を受賞。
1971年生まれでいわゆるR30世代。
まずは一作品、目を通すことをお勧めします。
posted by トラッシュ at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2005年04月12日

『四日間の奇蹟』読みました。

6月4日に封切りされる『四日間の奇蹟』の
原作を読みました。

第1回の「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した
この作品ですが、どうなんだろう?
専門家の人がジャンル分けしたんだけど、個人的には
ファンタジーと言ったほうが適切だと思います。
例えば、『いま、会いにゆきます』とかに通じるものがあると思います。

でもそれはこの作品の出来・不出来とは無関係で
十分に読ませてくれます。

詳しいストーリーとかを書いちゃうとネタバレしちゃうんで書きません(^_^;)
でも、前半のゆっくりした展開が中盤の大きな展開によって
反転します。心の琴線に触れるのはきっと、この中盤以降でしょう。

こういうのを読むと「自分はしっかり生きてるか?」って考えちゃいます。
「今日出来ることを先延ばしにしてないか」って振り返っちゃいます。

幸い文庫本になってるし、機会があれば読んでみて下さい。
ちなみに原作の舞台は「山」でしたが映画では「海」です。あとは内緒(^o^)






>>DVDはこちら
posted by トラッシュ at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2005年04月07日

アフィリエイトの参考書。

ちょっと本腰入れてアフィリエイトに取り組んでみようかと思い
買ってみました。
ホント、色んな本が出てますね。
この本のこの部分と、あっちの本のこの部分が欲しい。。。
なんてこともあるけれど、バランス重視&入門書としてこれにしました。

アフィリエイトでこんなに稼げる!ネット副業の達人

一番のポイントは、全9セクションのうち、1セクションをブログでの
アフィリエイトに割いている点かな。
GoogleAdSenseとSeesaaブログは微妙な関係だけど^^;
(標準でCPC広告が入るから)

基本的にはホームページを自分で作成して・・・って内容だけど
お客さんを惹きつけるための考え方ってHPでもブログでも一緒だと思うし。
そこら辺にも触れた上で、アクセスをアップさせるためのSEO対策にも
一通り触れられてます。

冒頭にも書いたように入門書として参考にしていきたいっすね。
アフィリエイトを始めたいけど、何から手をつければいいのかワカラン??
って人にもとても参考になると思います。




posted by トラッシュ at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK
当サイトについて
・当サイトはアフィリエイトプログラムによって商品を紹介させていただいているため、
特定商取引に関する法律に基づく表記については各販売店様のページにてご確認していただけますようお願い致します。

・お客様のご注文、お支払いなどは販売店様とお取引きいただくことになります。

・送料、消費税、お支払い方法、注文方法、商品配送方法、商品購入の詳細、販売者などに
ついてはそれぞれのリンク先の販売店に記載してあります。各販売店様の通販ページをご覧ください。
なお、価格・在庫とも変動する事がございますので、移動した先の販売店(お店・企業)の情報を必ずご確認下さい。

・掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。
当サイトでは、一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。

・商品に関するお問い合わせは、各販売店様に対応していただいております。
(各販売店様ページから直接お問い合わせしていただきますようお願いいたします。)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。