フルーツメール


 iTunes Store(Japan)


2005年07月01日

厚生労働省が「ピロリ菌、胃がん元凶説」を裏づけ!?

今朝の朝日新聞に記事が出てました。

胃がんの「前がん状態」でも、胃の中のピロリ菌を除菌すると、
進行を抑え、状態を改善する効果がある。


との研究結果を厚生労働省研究班がまとめ、
日本ヘリコバクター学会で発表するそうです。

「前がん状態」とは、胃がんへ進む前の状態と考えられている
萎縮性胃炎や腸上皮化生(胃の粘膜の変性)など慢性胃炎を発症した状態。
これらの患者さんにについて、抗生物質を飲んで除菌するグループと、
除菌しないグループに無作為に分け、平均5.3年にわたって症状を追跡したそうです。

で、その結果は

胃の下部の萎縮性胃炎で状態が改善した割合は、
除菌しなかった人15%に対して、除菌した人では62%だった。
胃の上部や中部の萎縮性胃炎、腸上皮化生を含め、
すべて除菌した人の方が29〜47ポイント改善率が高かった。
効果は性別や年齢層に関係なく見られた。
〜中略〜
今回の研究は最終的な胃がんの発生頻度まで調べたものではないが、
前がん状態でもピロリ菌除菌が胃がんへの進行抑制効果を持つらしい
ことを厳密な研究で裏付けた点で画期的だ。


ピロリ菌の除菌には、抗生物質など3種類の薬を1週間、飲み続けるのが
基本とされているそうです。
が、当然、副作用の報告もされてますし、まだそこまではしたくないなぁ〜って
人にオススメなのが、あるある大事典でも放送されていました
「マヌカ・ハニー」です。

「マヌカ・ハニー」とはマヌカという花から採れる
ニュージーランド原産のハチミツです。
一般にハチミツには、胃の炎症を抑えて殺菌するパワーがありますが、
この「マヌカハチミツ」は、特にその働きが強いそうです。
胃潰瘍の原因が「ピロリ菌」であることを発見したのは、オーストラリアの大学です。
その胃潰瘍研究の先進国・オーストラリアでは、3〜4年程前から
人気が高まってきて、今では、スーパーマーケットばかりでなく
薬局でも売られている程だそうです。

ハチミツの殺菌能力の強さは『UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)』
という数値で示されていますが、今回は胃潰瘍対策の目安となる
UMF値15以上のモノをチェックです。





稀にしか採集されないUMF20 アクティブ UMF20+ マヌカハニー 250g


>>オーストラリアでは、胃が傷付きやすい空腹時に
紅茶などに入れて飲む人や、毎朝パンに塗って食べている、という人が多いそうです。

>>他にもお徳用500gUMF10+、さらにはUMF25+
まで色々あります。

>>実は僕も買ってみました。とりあえずUMF10+。父親にですけど。
で、ちょっとだけ頂きました。ちょっと舌にざらつく感じはあるけど
濃厚で美味しかったです^^

posted by トラッシュ at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 健康食品(予防)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ピロリ菌と胃がん
Excerpt: 僕の発行するメルマガ『誰でもわかる!最新医学ニュース』 からのバックナンバーを抜粋します。 皆さんは「ピロリ菌」ってご存知ですか? 印象的な名前をしているこの菌は、 実は胃潰瘍や胃がんを引..
Weblog: 誰でもわかる!最新医学ニュース
Tracked: 2005-07-12 19:28
当サイトについて
・当サイトはアフィリエイトプログラムによって商品を紹介させていただいているため、
特定商取引に関する法律に基づく表記については各販売店様のページにてご確認していただけますようお願い致します。

・お客様のご注文、お支払いなどは販売店様とお取引きいただくことになります。

・送料、消費税、お支払い方法、注文方法、商品配送方法、商品購入の詳細、販売者などに
ついてはそれぞれのリンク先の販売店に記載してあります。各販売店様の通販ページをご覧ください。
なお、価格・在庫とも変動する事がございますので、移動した先の販売店(お店・企業)の情報を必ずご確認下さい。

・掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。
当サイトでは、一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。

・商品に関するお問い合わせは、各販売店様に対応していただいております。
(各販売店様ページから直接お問い合わせしていただきますようお願いいたします。)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。